ブラックジャック実践記

マカオでのブラックジャック等の体験をベースにしてオンラインカジノをご説明します

プロフィール

性別:男性
住居:東京都在住
自己紹介:
ブラックジャックに挑戦して6年を越えました。普段はオンラインカジノで楽しんでいますが、マカオにも何度か出かけました。ブラックジャックの実践記を書き込みしてます。

お問合せ

September 2021
SunMonTueWedThuFriSat
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2

Regular holiday

 

ブラックジャックのルール

ブラックジャックのルールについて解説します。

ブラックジャックの一般的なルール

ブラックジャックと申しますのは?

ブラックジャックは、21という呼び方でも知られており、世界から好意を持たれるカードゲームになんです。

カジノディーラーとの駆け引きが存在しますので、自分の範囲で戦略を立てられるのがこちらのゲームの人気の秘訣。このルールはブラックジャック初心者でも覚えやすく、なにしろこのゲームの優れた点は奥の深いゲーム性にあると言えますよね?!

使用するオーソドックスな道具

カード:よくあるようなブラックジャックで使われるカードは、紙製のタイプになんです。

カードシュー:シャッフルをオートマティックに行うシャッフルマシンを使用しているカジノもあります。

カットカード:ゲームの終りに使うカード。シャッフルマシンを使用する場合は活用されないです。

ディスカードホルダー:ゲームで使ったカードを収める箱。

チップ:カジノではメインとして、クレイ製とプレスチック製の2種類が存在します。高額になると四角いプレートを使います。

レイアウト:賭け枠は一般的には7箇所ですが少ない場合に5箇所など、カジノによって同時並行的に遊べる人数は多種多様なんです。

基本ルール

基本のルールは、ディーラーとプレイヤーとの対戦型ゲームなんです。

プレイヤーは、カジノディーラーよりカードの合計点数が21点に近い方が勝ちとなり、配当を得ることが出来ます。ただしプレイヤーのカードの合計が21点をオーバーしてしまうと、そのタイミングで負けとなります。

カードの数え方

2~から9までは、そっくりそのままの数字、10・J・Q・Kはすべて10点とカウントします。

また、A(エース)は「1点」もしくは「11点」のいずれに数えてもOKなんです。

特別な役

一番初めに配られた2枚のカードがAと10点札で21点が完成していましたらそれをブラックジャックといい、そのタイミングで勝ちとなるのです。配当は1.5倍です。しかし、カジノディーラーもブラックジャックだったケースでは引き分けとなるのです。

ゲームの進行

カジノディーラーからのプレイスユアベット(Place your bet)の合図でゲームがスタート。ベッティングエリアにチップをベットしてくださいね。

カジノディーラーからのノーモアベット(No more bet)の合図で賭けを〆切ります。
カジノディーラーがカードを2枚ずつ配布します。

カジノディーラーは順番に各プレイヤーに対しカードの追加を行うかを聞いていきます。カードを追加する場合には、テーブルをちょっと叩いてくださいね。
カードは何枚でもヒット可能ですが、21点をオーバーしてしまうとそのタイミングで失格となります。

もしも手持ちの点数が十分であると思ったら、手を横に振り、カードをいらないことを示して、その点数のままでディーラーと競りあうことになるんです。

プレイヤー全員が選択した後で、一番最後にディーラーがカードをめくります。17点以上になるまでカードを引き続けます。ディーラーがもしも21点以上になったらディーラーの負けとなり、そして失格せずに残っているプレイヤー全員が勝利となるんです。

ディーラーよりも21点に近いプレイヤーは勝利となり、賭け金と同額の配当を得ることが出来ます。かえってディーラーよりも21点に遠いプレイヤーは負けとなり、賭け金は没収されます。

なお、同点に於いてはプッシュといい、引き分けとなります。

上記は一般的なゲーム進行の流れであり、カジノのハウスルールによってルールは違ってくることがあるんです。

賭け方(ベッティングエリア)と倍率

特殊ルール

ダブリングダウン(Doubling Down)

賭け金をオリジナルベットと同額まで上乗せして賭けることが出来ますよ。ただし、カードは1枚のみしか引けません。

スプリッティングペアー(Splitting Pairs)

最初の2枚のカードが同数の場合、オリジナルベットと同じ金額の賭け金をプラスすることで、2手に分離して勝負することが出来ます。Aのスプリットのときは、追加カードは1枚のみとなります。

インシュアランス(Insurance)

ディーラーのアップカード(見せ札)がAの時、ディーラーのブラックジャックに対して 保険を掛けることが出来ますよ。保険金は掛け捨てで、出だしの賭け金の半額までを保険に充てられます。 ディーラーがブラックジャックだった時には元々の賭け金は没収されますが、保険金への配当は3倍になるんです。

イーブンマネー(Even Money)

もしもプレイヤーがブラックジャックで、ディーラーのアップカードがAだった時、ディーラーのブラックジャックを見定める前に配当を先にもらえるルールです。こうした場合の配当は1.5倍ではなく、1倍の配当になるんです。

サレンダー(Surrender)

降参することを意味します。始めの2枚のカードが配られたタイミングで、賭け金の半額を放棄し、残りの半額だけを戻してもらい勝負を退くことができますよ。